未明の池袋繁華街、解体工事現場で発砲2発(読売新聞)

 31日午前2時50分頃、東京都豊島区南池袋1のビル解体工事現場で、バイクに乗った男2人が銃弾2発を発砲するのを、工事現場前にある警視庁目白署南池袋交番の巡査部長が目撃した。

 男2人はそのまま逃走したが、現場の看板に銃弾が撃ち込まれたような穴が2か所確認され、近くには空の薬きょう2個と拳銃1丁が残されていた。同署は銃刀法違反容疑で2人の行方を追っている。

 同署幹部によると、2人は工事現場前の歩道にバイクで乗り上げ、後部座席の男が発砲した後、新宿方面に走り去ったという。2人とも黒っぽい服装で、フルフェースのヘルメットをかぶっていた。当時、工事現場は無人で、けが人はなかった。

 現場はJR池袋駅から南に約200メートル離れた繁華街。工事を請け負っていた大手ゼネコンの現場責任者によると、工事は今年2月中旬から始まったが、これまでに目立ったトラブルや嫌がらせはなかったという。

<子宮頸がん>住民検診、効率的な「島根方式」に注目(毎日新聞)
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
たちあがれ、片山虎之助氏らの公認発表(産経新聞)
今季のトキ繁殖困難に…カラスが悪者だった?(産経新聞)
<スペースシャトル>「アトランティス」帰還(毎日新聞)
[PR]
by 8mq0az6anq | 2010-06-03 19:49