学級閉鎖は減少=新型インフル−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は3日、1月30日までの1週間にインフルエンザが原因で学級閉鎖や休校を行った保育園や幼稚園、小中高校などは、前週より563校少ない1596校だったと発表した。
 休校などの措置を取った施設は、冬休みが終わった後の前週に増加したものの、減少に転じた。同省は「入院患者数や集団感染の数も減少傾向だが、現在も新型インフルエンザが流行中であることに変わりはない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン
新型ワクチンで死亡の可能性=副作用で初、新潟の80代女性
輸入ワクチン、希望は3都県=949万回分余る

小沢幹事長が続投の意向表明、首相も容認(読売新聞)
世界対がんデー、がん予防を訴え専門家らが講演(医療介護CBニュース)
タクシー走行中にコンビニ物色=銃刀法違反で運転手逮捕−神奈川県警(時事通信)
日米でプリウスをリコール=今週前半にも、30万台−トヨタ(時事通信)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
[PR]
by 8mq0az6anq | 2010-02-10 09:36